NHK のネット受信料は導入される?

NHK のネット受信料は導入される?

NHK がテレビを持たない人がほとんど見ない人を対象にして認証実験を行っているということが報道されています。

 

これは最終的にテレビを持っていなくてもネット経由でも受信すれば受信料が発生するという制度が導入されることの準備はではないかと言われていたりします。

 

ネットを使って NHK を見る人は受信料を支払うということであればいいのですが、そうではなくネットを見ているだけで NHK を見ることができるからといって本当に見ていないにも関わらず受信料が発生するような仕組みが導入されると大問題となってしまいますよね。

 

とにかくネットからでも視聴料を取るというような方向ではなく、 スクランブル化であったり適切な範囲でスポンサーを入れたり、放送事業自体を見直すなどのことをしてもらいたいかと思っています。

 

 

ネットサブスクサービスはすでに巨大なものに

 

Netflix や Hulu、Amazonプライム等 インターネット上でのサブスクで見るような番組のサービスはすでに巨大なものになっています。

 

これらのサービスは月に1000円前後くらいの費用を支払うだけで自由に見ることができ、従来のレンタルサービスが成り立たなくなるぐらいコンテンツが充実しています。

 

もちろん見ない人その費用を支払う必要はありません。
NHK もこれに対抗できているような品質があって、それも任意の人が支払ってみるというような形でないともはや納得感を得られないのではないでしょうか。

 

そろそろテレビが無くても、モニターさえあれば問題がない時代になってしまっています。実際にテレビ番組も見たければTverのアプリもありますし、必要な番組は後でサブスクというような方法もあります。

 

そうするとテレビの意味は何かということになりますし、スポンサー運営をしているのであればまだしも、NHK1chのみにお金を支払って見るというのは難しいのかなと思われます。

 

 

サービス再編成がいいのでは

 

個人的な意見としてはサービス再編成でもう一度見直しをするのがいいのかなと思っています。

 

受診料で今の体制をそのままというのはさすがに無理があり、公共放送とするのであれば公共の部分と、そうでない部分を分けてスポンサーを導入するべきかなとも思うのです。

 

今はスポンサーを導入したからといって即公益性が失われるなんてことはありません。最初から厳重に審査をしていってお互い納得できる先だけがスポンサーになればいいというものです。

 

今の状態は不十分な状態であり、ずっとこのままにしておく、それどころか今度はテレビのない人から徴収というのはあまり良い方法ではないように思えてしまいます。

page top