期日前投票でもなんでもいいので投票に行こう

期日前投票でもなんでもいいので投票に行こう

 

買い物ついででもOKということで期日前投票をする人が増えているという記事が出ていました。

 

2017年の衆院選では約4割が利用ということで、結構当たり前に使われているみたいですね。

 

そう、当日選挙に行けない、行く時間がないという人は期日前投票でさっさと投票してしまえばいいのです。実は私も毎回保険をかけて期日前投票をしています。

 

そんなに必ずしも選挙日当日に予定が空いているわけではありませんので、平日夜にでも投票をしにいった方が楽なのです。混んでいることもないですし、いいと思います。

 

 

 

一応原則は投票日ということ

 

この期日前投票ですが一応原則としては投票日に行くことになっていて、例外的措置の扱いだということです。

 

それは選挙期間ギリギリまで政策を訴える人もいますし、その直前にまでならないと情報が出揃わないことがあるということ。これは確かにその通りです。

 

直前に不祥事等が起こって期日前投票をした後ではもうどうにもならないですし、どうもギリギリにならないと情報が集まってきにくい傾向があります。

 

この記事を書いている今回は衆議院選挙で候補者が少ないのでそこまで変わらないかもしれませんが、候補者が多い選挙の場合、ギリギリにまでならないと全然情報がない人もいるなんてこともあります。

 

情報がないというのは本人が悪いということも言えるかもしれませんが、それでも少しは情報がほしいところですよね。

 

でも一番大事なのはとにかく投票するということ。
投票しなければ何も始まりません。

 

 

この記事についての反応

 

この記事についてはこのような反応が出ています。

 

参照URL)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8947eb7564514df7d81718016d981b6b85c60d38

 

・期日前投票、という概念を無くして、従来の公示・告示翌日から投票日までの期間を「投票期間」と定めても良いのでは?

 

・期日前はどこでも出来て、当日投票は指定場所でしかできないから、そりゃ、期日前で好きな時間に好きな場所で投票済ませるでしょう!

 

・投票は選挙期間中ならいつでも自由にできるっていうのが当たり前なんじゃあないのかねえ?
それを「投票日」などと区切って、参政権を制限するような仕組み自体が開かれた国会とは縁遠い、永田町理論の現れかな?
そういえば、PCR検査もいつでも自由に受けることにはいまだ持って否定的だものね、日本は。

 

・早くオンライン投票も可能にして!ワクチンで効果有ったように。
投票率ぐんとあがるよ。

 

・そもそも「投票日に投票に行けない理由がある人が対象」であることがおかしい。
公示日から最終投票締切日までの間で自由に投票できる制度にすべき。

 

今の投票所入場券の宣誓書には「コロナ禍での混雑を避けるため」という理由の選択肢もない。わざわざその他という項目を選び自分で記入しなければならない。今のご時世では混雑する投票日には行きたくない人が多数いるだろうに。

 

・インターネット投票や郵便投票も導入すべきなのに、
与党は投票率下げたくてしない。
投票率が下がれば下がる程、団体票の比率が上がるから。日本人は自分たちが払った税金が正しく使われるよう監視する仕組みを作るために、きちんと投票に行かなくてはならない。

 

・30代ですが、期日前投票、すごくいいです。
うちの地域はショッピングモールでやっているので、買い物ついでに投票しちゃいます。
休みの日に、決まった時間にわざわざ投票所に行くのではなくて、そういえば!と思い出した時に投票所できるのが本当にラク。

 

投票のハガキ?がなくても、投票できるし。

 

近所の小学校が投票所みたいですが、ウチには子供がいないのもあって、一度も行ったことがないです。なんとなく、行きにくい。
気軽に投票できるほうが、若い人は投票しやすいです。

 

若い世代は特に投票率低いですが...わたしはちゃんと意思は示していこうと思ってます。
ショッピングモールでやるというのは、とてもいいなぁと思ってます。

 

・日曜日に行けなんて子育て世代には無理。晴れた日なら散歩ついでになんとか行けるけど、雨の日は連れて行くのに精一杯。
今回も期日前投票でやらせてもらいます。
期日前投票できる箇所がもっと増えて欲しいです。

 

・前回投票にいったときも期日前投票だったけど、理由の欄に「密を避けるため」がなかった。
むしろ全員この日にいきましょう以外が例外扱いなのが時世に即していない気がする。

 

・期日前投票ではなく現在の期日前投票の期間を含めて、投票期間としてしまっていいのではないか。
例外的な扱いではなく、いつでも投票できますよとしたほうがいいと思います。
なんなら日曜日(現在の投票日)は朝から開票だけやって、その日のうちに結果が出る方が良いのでは。開票する人も深夜に渡ってやるのは大変ですよね。

 

・本当に民意を活かしたければネット投票やコンビニ等でも投票出来るようにすればいい。
あとは掲げた政策実行出来なかった場合は次にから選挙に出れなくするとか。

 

 

このようなコメントが出ていました。みなさん期日前投票には大賛成ですね。
できれば当日がいいという考えもありますが、投票率を上げるにはとにかく幅広い期間の間にいつでもいいから投票できるというのがいいでしょう。

 

 

オンライン投票も考えてほしい

 

コメントでもありましたがオンライン投票というのもあっていいんじゃないかなと思っています。

 

オンライン投票であればそもそも投票所にまで行く必要がなくなるのでもっと投票率が上がります。これまで行きたいのに行けないという層に加え、面倒だから行かないという人にとっても、オンラインでできるならやるかということで投票する可能性があるからです。

 

スマホ一つでできるのであれば若い人達の投票率も上がりそうじゃないですか?
問題は本人認証というところになりますが本当に今の技術力を持っても本人認証、投票の仕組みが作れないのでしょうか?投票所にいってもそこまでの絶対的な確認をするわけではありませんし、そこまでセキュリティ面の違いはないようにも思えます。
誰かが後ろで操作しやすいという面はあるかもしれませんが、そんなことは投票所でも起こりますよね。

 

特定の施設からのまとまった投票等の組織的な動きを封じれば、後は問題なく投票できるのではないでしょうか。

 

とにかく私達は投票しなければいけません。何も変わらないからなんていっていては本当に支配されて終わりです。どんな政党であってもいいので、とにかく自分の意思を示すことが大事ですね。


page top