人材紹介会社で働いていると複雑なものがある

人材紹介会社で働いていると複雑なものがある

 

人材紹介の会社で働いている人が感じている事としてはいろいろな複雑に思うことがあるようです。

 

人と接するのが好きだし、人のキャリアを応援したいから就職しました!なんて考えでいくと、働いてから理想と現実のギャップで結構大変な思いをすることが多くあるようです。

 

人材紹介会社というのはなかなかキャリアを積んでいくのに難しいところもありますし、どうしても商品が人そのものというのは、物であるよりも扱いが難しいということもあるのかもしれません。

 

※この記事はあくまで外部から見た情報に基づいて書いているため、内部から見るとまた違った感想を持つ人もいるかもしれません。

 

 

新卒紹介エージェントだけど悩んでいる

 

新卒紹介のエージェントとして働いているけれども悩んでいるという話があります。
働いている人としては何だか人を騙すような仕事をしているような感じになってしまうということです。

 

具体的に何をもって人を騙すというように感じているのかまでは詳しく説明されていなかったのでわからないのですが、なんとなくわからなくもありません。

 

新卒の場合は、まだ社会経験が乏しいため企業のことをよくわかっていませんし、企業側も新卒であればどのような人を把握するかも難しく完全なポテンシャル採用ということになっていきます。

 

その場合、新卒紹介エージェント側が利益を得るために本当はマッチング度がそこまで上手くいっていないにも関わらず紹介をして成約させてしまうということ。このようなことが少なからずあるのではないでしょうか。

 

仕事上、紹介が完成しなければ利益が入ってこない構造であるため、上からもプレッシャーがかかるでしょうし、無理やりの紹介というのは出てくるでしょう。

 

 

 

人材の質を上げることが難しい

 

人材業界にとって難しいこととして人材の質を上げていくことが難しいということがあると感じています。

 

一般の商品を製造、販売する会社であれば、研究を量ね質の高い商品、より魅力的な商品を作っていくことが可能になります。だんだん競争力の高い商品を作るということで販売側も魅力を感じやすいところもあるでしょう。

 

ですが、人材の場合、紹介するその人自体をスキルアップさせるというのはなかなか難しいです。その会社主催でスキルアップ研修会のようなものはあるかもしれませんが、なかなか参加したからといってすぐにスキルが劇的に上がるようなものでもありませんし、そのようなサービスは人材応募側へのサービス的な側面が強くなってしまうでしょう。

 

人材は紹介すると離れていってしまいますし、また新たに人が来るだけで、全体のレベルアップを図るということができるものではありません。多少のアドバイス的な部分はもちろんありますが、基本的には来た人をどう紹介して完了させるかという構造になります。

 

現場にいるとすればいつまでも同じことの繰り返しであり、何か働いている人がスキルアップをしていくというのが難しいように思えてしまいます。

 

成約率を上げるとか、途中でやめてしまう率を下げるとかそういうことはありますので、完全に何もないというわけではないのですが、一般企業の人事のように全体を育てる的なところがやりにくいのはデメリットになるでしょう。

 

 

 

ダメな人材でも紹介しないと実績が上げられない

 

大きな問題として良い人材を良い会社に紹介するだけでは事業として成立しないというところがあるように思います。

 

事業として売上を上げていかなければいけないので当然で来る人も紹介する相手も必ずしも優良である保証は何一つありません。ここの会社はどうかと思うことがあっても紹介しなければいけないときもあり、それがジレンマとなることもあるでしょう。

 

また紹介を依頼してくる人が優秀とは限らないということでいくらアドバイスしても全く的を射ないことをするような人もいるわけです。当たり前のことが当たり前にできるというのは普通だと思っていると実際にはとんでもない人がいます。

 

そのような人にも仕事を紹介しなければいけないというようなこともあるでしょう。あまりにもひどい場合はお断りするというようなこともあるかもしれませんが、基本的にはその会社の人事というわけではありませんのでいくらその人の能力が低いからといって拒否するということはできずになんとかその人でも通りそうな企業を紹介するしかないのです。

 

全部の会社がそういうことをしてるわけではないということで反発もあるかもしれませんが業界構造としてはそのような面がどうしても目についてしまいます。

 

 

紹介会社によって助かったという人もいる

 

今回は働いてる人のネガティブな話として人材紹介会社を紹介したのでマイナス面が強調されてしまいましたが、もちろん本来は役割として人材紹介会社によって上手く就活・転職ができて助かったという人もたくさんいるはずです。

 

人材紹介会社を通さないとなかなか良い案件が見つからなかったり会社と繋いでくれる役割がなければうまく応募できないというところも多くあります。人材募集している会社が一般の人でも応募しやすいように色々と手配してくれところもあればなかなかそこまではしてくれず事実上人材紹介会社を通していかないと難しいというところもあるはずです。

 

人材紹介会社を利用した方がうまくその人の長所短所などを事前に説明してくれたりサポートしてくれるということで採用率が上がるということもあるかもしれません。

 

人材紹介会社自体は社会に役に立っているからこそ存在しているのであり実際にも利用して役に立ったという人はたくさんいるためその点に関しては安心して大丈夫です。

 

ただし実際に人材紹介会社の中で働く人にとってはなかなか綺麗事だけではうまくいかない点というのも多くありその辺りはジレンマとなりストレスが溜まってしまってこともあるのでしょう。

 

どんな仕事であっても向き不向きというものがありますしこの情報だけをもってこの業界が悪いと言うつもりはありません。仕事内容も良い面もあれば悪い面もあるということでこの業界に就職する際には表面的なところだけではなく、総合的にどうなのかっていうところをしっかりと考えて決める必要があるでしょう。


page top